読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしい あくま

あのひとは悪魔 私をとりこにする やさしい悪魔

ジャニヲタ的?骨格診断・パーソナルカラー診断のススメ

特に2016年よく目にしたこの診断、お友達の体験談も聞いていたら「私もやりたーい!」と居ても立ってもいられなくなりまして。
各診断の価格帯は場所にもよるしピンキリかなって思うけど、どこも共通して「今すぐ受けたいです」「はいお越しください」とはならなそうなので興味のあるかたはお早めに~ですね。私は診断を受けてよかったなぁと思うし、お友達とは互いの結果について一週間以上語り合ってしまいました!


お話し始める前に私のスペック。

  • 153cm中肉中背
  • 骨格はウェーブ
  • パーソナルカラーはスプリング

カラーは四季に分類する以前に寒色(青緑系)より暖色(赤黄系)の方が合うっぽいです。


診断編

診断を受けて良かったところは大きく2つ!

①自分の選択を信じることが出来るようになった

性格上「私はこの服合ってると思うけど…世間的にはどう見えるかな…?」とか気になる日がしょっちゅうあるんですけど、結論から言えば「割とちゃんと選べている」ことがわかったのは収穫でした。


学生時代、洋服に関しては失敗を重ねてたと自負していて、特に制服のある中高と違い大学では毎日私服だったので、
キャンパスで見かけた女の子に憧れる→真似したい→なけなしのバイト代*1で安物の服を買う→しっくりこない…
を繰り返し繰り返し。この失敗経験で、自分がボーイッシュな服・かっこいい強めの服が似合わない側の人間なのだと気付けたので、それ以来暖かい色味のかわいらしい服、着たい服より似合う服を選んでいたのが成功だったようです。だからか、ネットで出来る自己診断結果*2とプロ視点での診断結果がほぼ一致していました。
診断を受ける際にも手持ちのなかで一番しっくりくる服を着て伺ったのですが「すごくお似合いですね!」と言っていただけたのは心強いと言うか、自分の選択は今んとこ大丈夫そうだと思えたので良かったです。
また、診断を受けるなかで、合わないとカテゴライズされる服に思い当たる節がある=感覚的にわかってた、ってことだし、そのふんわりした感覚をプロの視点で明文化していただいた気がしてスッキリしました。


ちなみに好きな色&似合う色ランク上位にピンクが登場する『ピンクを愛しピンクに愛された女』である私、2003年まではピンクなんて嫌いでした。かっこいい女になりたい(まぁ似合わないけど…)私にとっては捨て色だったのです。
じゃあなんでピンクを愛するようになったかって、それは、
内博貴くんのファンになったから…!
*3
\ちょろいジャニヲタだなー!/
のガヤが脳内で聞こえてきました(?)が、私は内くんのファンになって、内くんのファンっぽい格好(なんつーかかわいらしい感じの…)を選択肢に取り入れたことで、合う服に出会える可能性が格段に広がりました。今では内くんに全力投球してはいないけれど、確実に私の人生を変えた人なんだなー。

②選択肢を増やすことが出来るようになった

①のように割かし合うものを選べていたわけですが、そうすると逆に思い込みが生じ洋服の買い方に頭打ちを感じて「服がほしい…あれもこれも新鮮味がない…ほしい服がない…」とショッピングフロアを彷徨く買い物ゾンビみたいになることがたびたびあったんです。
だけど「あなたの体型ならこんな服も似合うはずだから試してみてください!」「あなたの肌色ならこんな色にも挑戦してみて。お似合いですよ!」と、まぁ書き出すと乗せ上手感すごくあるけど(笑)いろいろな格好を提示してもらうことで自分のなかの固定観念が邪魔していることも知れました。


例えば、寒色が不得意だと前々から感覚としてあったので着る頻度も低かったのですが*4ターコイズやアップルグリーンなど暖かみのある寒色…言葉にすると難しいけど(笑)私に合う寒色も教えていただきました。


この結果を是非とも生かしたいのが“メンバーカラー”で、そもそも各診断を受けようと決めたきっかけのひとつが「春服ほしいけど、Sexy Zoneのコンサートに何を着ていこうかな…」という…なんともヲタクらしいね…。
気にならない人は気にならないんでしょうけど、メンバーカラーが決まってるグループでは一番応援してるアイドルの色味の服を着たい性分の私、せっかくなら“より合う”服がほしかったんです。
そんな私がSexy Zoneで一番応援してるのは松島聡くんで、メンバーカラーは緑。緑は前述の通りあまり手にしたことがなかったので手持ちがなく、診断結果を踏まえて買い物に行きました!


買い物編

さぁさぁ街に繰り出してみた結果は
「ストレート向けの服だらけじゃん…」という絶望。


診断中も「最近の流行りの服はストレート向けが多くてね…」と教えていただいたのですが、(あんまり流行に詳しくないけど)ボトムスはガウチョパンツなど太め、トップスは肩落ちニットなどビッグサイズに見える服が店頭に並んでるんですよねぇたしかに。これ、素材を間違うと服に主導権を握られてしまうんですよ私の体型では。


体型を理解した上で買い物に出ても合う服が売ってるとは限らないと学んで若干しょんぼり。ただ、流行に振り回されて合わないものを買うリスクが軽減されたり、広げてみて着れそう着れなさそうの判断が出来るようになってきた、ので買い物は幾分かラクに感じます。
あと色にも流行はやんわりあると思うのですが、緑って流行ってないんですか??あんまり見かけなくてこれまたちょっと苦労。
そんなこんなで、すんなりとはいかなかったけどたくさん歩いて及第点と思える一点になんとか出会えたのでヨシとします。



普段から自己投資というとマッサージみたいな“労り系”か、もしくは化粧品などの“着飾り系”が多かったのですが、データを基に自分を知り今後に生かす投資もアリだと思いました。楽しかった!
こういう自分自身を知るきっかけとなる何かが流行れば、また是非体験したいものです。

*1:大学時代も既にジャニヲタだから趣味への出費はそれなりにありますもんねー。

*2:他人から体型について言われたことを思い出しながらチェックするのがいいかも。身体が薄いのも首元寒そうなのもウェーブ体型の特長なので。

*3:関ジャニ∞でのメンバーカラーがピンクでした。

*4:仕事着としては、はしゃいでない感(?)とか大人っぽくなるイメージを抱いていました。