読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしい あくま

あのひとは悪魔 私をとりこにする やさしい悪魔

光一ソロコン客とJUMPコン客を比べてみた。

大きく『ジャニヲタ』とカテゴライズできるとはいえ、どのグループのコンサート会場もやはり個性は際立つもの。

 

 

嵐の会場で見かける園児、TOKIOの会場で見かける老夫婦、関ジャニ∞の会場で見かけるツナギ、目にするたびに「あぁ、個性的だなぁ。」としみじみします。

 

 

そうやって複数グループのコンサートに足しげく通う私ですが、先日は一週間以内にHey!Say!JUMPと堂本光一のコンサートに参加し「こ、ここまで違うか!」と驚いたので、良い機会だしまとめさせてください。

光一くんもたまに「俺より若い山田くんのところに行っちゃうんだろぉ!ぶーぶー」などと後輩の名前を出していたりしますよね。あれ?してなかったっけ?

まぁだから、実際JUMPの会場ってどんなんだろーって興味はあったんです。

 

 

J-FRIENDS世代以上を応援している方には特に新鮮かなぁと思いますので、もし「普段はアラフォーグループ担当だけど、誘われてJUMP観に行っちゃうわ。」なんて人がいれば、これ読んでおけば衝撃も緩和されるかもしれません。

プール入る前に水かけとけ~的な。

24時間テレビの観覧席にも、こんな違いが表れるのではなかろうか。二週間後が楽しみです。

 

 

※ファンひとりひとりを見ればその印象は異なるはずだし、あくまでも“私目線”で。ちょっと面白おかしく誇張している箇所もあるとは思いますが、ご了承ください。

 

 

以上、前置き。

 

 

『花冠』

<JUMP>

いや、噂には聞いてたけど、想像上の生き物(カッパとかツチノコとか?)だと思ってた。

そうしたら、いた。

すごくいた。

見渡すたびに最低5組はいた。

秋には何を被ると思う?羽根冠かしら?

 

<光一>

いなかった。

見渡してもいなかった。

お洒落と日よけを兼ねたようなストローハットは見かけたし、それに関しては私もかぶってた。

 

 

『服装』

<JUMP>

お友達と驚いたのが、白ワンピ~ゆるふわ~な服装の女子の多いこと!

白ワンピ~ゆるふわ~花冠~双子コーデ~で、仙台グランディ21前の大階段*1に腰掛ける開場待ちのJUMPファン見たら、背景に広がる大自然も相まって謎のお花畑感がすごかったです。

ビビりました。普通の格好してる私浮くね?って、なんだか焦りました。

あと、ふとももガッツリ出てる。

 

<光一>

まぁ主にグレー紺ベージュ黒…花冠はいないけど花柄膝丈スカートはいる。

そしてふともも出てない。

ふとももが出るような若いファンもいるけど、「何故!?」って年齢の人がふともも出してたりもする。

 

 

『うちわ』

<JUMP>

「ファンサ目当て以外でうちわ持つ意味ある?」みたいな顔してるみんな(偏見)。

捲れるファンサうちわみたいな形状にして、カンペみたくしてるひとを何人か見かけました。内容はほぼ「○○して(はーと)」みたいな。

 

<光一>

そもそもうちわを売っていないけど、1ブロックひとりくらいの割合で持ってきている人はいます。今回は夏ツアーだからうちわ持ってても全然おかしくないと思うけど、横アリ空調効きすぎて私には寒かった…。

ちなみに「みんな暑いでしょ?暑そうな体型してるもんね!ハハッ」って光一様に軽快にdisられることは頻繁にある。そんな光一さんが好き!

 

 

『開演前コール』

<JUMP>

はえーのなんのって!!

仙台がツアースタートの地だからかわかりませんが、8分前からコールしてた。コールしながらすでに立ちあがってた。すごく元気もりもり。

 

<光一>

特に私の入った公演は開演が5分押したからか、コールは1分、もしかしたら30秒くらい?

でも一応やってはいました。「こーちゃん(パンパン)」って。もちろん座ったままです。

 

 

『曲と曲の間』

<JUMP>

歓声「キャーーー!!!」

正直、JUMP結成から数年間は『叫び厨』がすごい、歌を聞かずに永遠とキャーキャー言っている、と耳にしていたので、「ファンが大人になるまでJUMPコン行けないや(^_^;)」って思っていました。

今回ファンの皆さんがツイートしてくれるレポを読んでも「ファンが要所要所で黙れるようになった」と書いていたので、コンサートマナー勉強中って感じなのかなぁ。

前まで、OPのメンバー紹介映像でキャーキャー言うのタフだなって思ってたけど、裏でスタンバってるメンバー的には、キャーキャー言われた方が「楽しみにしてくれてる感」があっていいんだろうな。と考えを改めている今日この頃です。

 

<光一>

拍手と共に「フゥー!」って声があがることが多いです。

コンサートにもよるけど、KinKiでもソロでもメドレー形式ってそんなになくて、一曲一曲聴かせる系セトリなんですよね。実はこれJUMPにも通ずるところがあるんだけど*2。そうすると、一曲をたっぷり堪能し、拍手、となるのかしら。

とにもかくにも光一ファンの拍手芸の凄さはSHOCK観劇中に顕著に表れます。

一糸乱れず、光一座長率いるSHOCKカンパニーの皆様に向ける最大限の賛辞。私も当たり前のように拍手してるけど、端から見たら相当クレイジーです。

 

 

『MC終わり』

<JUMP>

すごいさっさと立ち上がる。あらしコンも相当早いけど、JUMPも早かった。

曲の尺は決まってるけどMCの尺は私達のリアクション次第だよ?MCが長けりゃその分たくさん好きな子見れるんだよ?って考えの私だし、何せKinKiやエイトを好む私としては、もっと喋ってほしいなーと。貴重な休憩の場でもありますから(老い)。

 

公演によるのかわからないけど、ほぼ宣伝のみのMCって感じですね。

これは、V6も8年目の時ってそんなだった気がする。その後、ルーレット式にお題を出すことで公演毎にエピソードトークする形式になり、メンバーの新鮮なリアクションが見れるようになりました。これ、じゃんぷちゃんも使っていいよ!(何様)

 

<光一>

ブーイングプレイ、という言い方もなんですが、

光一「はい、じゃあ次の曲に行きますか…」

ファン「えー」

光一「おい!立てやー!!」

みたいな、お馴染みの流れがKinKiもソロもあります。歌を聴きたくないわけではないんです。もっとお喋りを聞いていたいのです…!既に30分MCの後だって(光一ソロ)、1時間MCの後だって(KinKi)、ずっとお喋りを聞きたいんだ…。

 

 

『近くに来たとき』

<JUMP>

ファンサうちわを持っていれば、そりゃうちわを振りますよね。

たまに興奮しすぎて頭の上に掲げるファンがいましたよ。あたしゃ怒るよ!実際はビビって怒れないけど…。

 

<光一>

拝む。まー、拝む。

賛辞を送るために拍手をするから、その拍手が止まれば拝むスタイルが出来上がる。

しかも拝みたくなる演出&ビジュアルだったりする。

仕方のないことです。

 

 

 

以上、思い付くままに書き連ねてみました。

とにもかくにも『花冠』に驚いたよ、ってことが言いたかったわけなのですが、また発見したら書き留めさせてください~。

 

 

 

そして度々申し訳ありませんが…

以下、更新するたびに掲示します…。

 

【求】
JUMPing CARnival 横浜公演(10/10昼公演以外)

2枚 定価+手数料で譲っていただける方を探しております。


お心当たりがありましたら、
コメント欄(承認制にしています)もしくはTwitter(@wa_honeytoast)までよろしくお願いします。

*1:10~20メートルくらいの幅かな?

*2:逆にV6は後半に怒濤のシングルメドレーしながらお手降りのパターンが多い