やさしい あくま

あのひとは悪魔 私をとりこにする やさしい悪魔

【祝21周年】そういえばKinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason- の感想を残していなかった

KinKi Kids様、CDデビュー21周年おめでとうございます!



2018年01月15日に途中まで綴り志半ばで放置していた『KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason-』感想を、この機会に更新させていただきます(笑)
7月25日にDVD・Blu-rayが発売になりますのでなにとぞー!!

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason- (Blu-ray通常盤)

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason- (Blu-ray通常盤)

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason- (DVD通常盤)

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason- (DVD通常盤)

続きを読む

○○オンアイス ~FaOI編~

お気に入りのアイスショーを見つけるための備忘録。

公演名:Fantasy on Ice
日時:2018/05/27(日)13:00~
場所:幕張メッセ イベントホール
席種:B席 7,000円
チケット販売会社:お譲りいただきました(大感謝!)


一般販売の日に私は学んだのです、『羽生結弦が出る“かもしれない”公演のチケットは秒速で手に入らなくなる』と…。


SOIもPIWも余裕を持ってチケット一般購入出来たのでFaOIもそのノリでいたらアッサリ玉砕したよね。10:15頃に購入ページを見たら隅から隅まで“完売”でした。

今回は幸運にもお譲りしていただけたので良かった!けれど、根底としてチケット売買・交換は「絶対大丈夫」は無いし調子に乗るとトラブルに隙を突かれるので気を付けなければなと常々思っています。

そういう意味でも、出演者解禁前に抑えられるチケットは抑えようとする気持ちも理解できるんだよなぁ。捌ききれないリスクも伴うけど、現在のアイスショー相場はまおちゃんゆづくん出演のものであればなんとかなりそう。転売する気がある訳じゃなくて後々面倒だから大量申込しちゃうよね…。


FaOIは別名『羽生結弦ショー』とも呼ばれているそうで、これはP&Gがゆづくんのスポンサーだからなのかしら?とにかく余程のことがない限りは出演、つまり倍率も高くなる。今年も一般販売を大分過ぎてから出演決定、その頃にはお譲りもほぼなかったんじゃないかな。


そんなゆづくん、OPでは国内海外含めそうそうたるスケーターがご挨拶するなか満を持しての登場!
EDではリンク出入り口に立ちスケーターをハイタッチでお見送りし、肉声の「ありがとー♡」を響かせての終演!と、噂に違わぬ“メインスケーターっぷり”でした。
歓声がやっぱり他スケーターと段違いで、実質JUMPコンにおける山田涼介だった(笑)


メモ帳を忘れたのと昌磨くん不在だったので(素直かよ 笑)まったりのんびり鑑賞してたし、翌5/28にはBS朝日で放送されると知っていたので「我が目に焼き付けねば…!」感は薄めで。お友達にも「明日放送だってー♡」と即時で教えられるのは良いですね。
地方公演も、BS朝日で神戸公演・静岡公演の放送アリ(5会場中3会場)、しかもほぼ即日オンエアで、いやぁゆづくんの影響力すげーなー(小並感)ってポヤポヤ思ってます。



ショーは、前半1時間半・休憩30分・後半1時間半で、終了は16:30。これはアイスショーの中でもかなり長い方なのでは…!?スケーターにもよるけど平均2プログラム滑ってくれるのでとてもお得感ある!
また、2プログラムの内1プロはゲストアーティストとのコラボな可能性が高く『他のショーでは観ることができない』『他の公演では観ることができない』な希少価値を高めるポイントがあるなーと思いました。氷上で音楽の可視化を体現してくれる!


幕張公演のゲストアーティストは『CHEMISTRY』『May J.』『宮本笑里』の計3組。ケミさんは2017年10月のドリフェス以来二度目ましてでしたが、相変わらず“名曲”を素敵な歌声で響かせてくれました。きっと「CHEMISTRYが観たくてチケット取りました!」って人もいるんだよね?大変だねぇ…(倍率的な意味で)


上記で『平均2プログラム』と言っていたけど、ゆづくんは怪我の影響か1プロのみ。その唯一のナンバーがCHEMISTRYさんとのコラボだったわけですが、まぁリンクのゆづくんもステージのケミさんも観たい!目が足りない!右目と左目は今すぐ自立して!と忙しかったです。しかもゆづくんのスケーティングめっちゃ速くて、双眼鏡を構えてる場合ではなかった…!ジャンプの正確性とか指先の繊細さとかは取り上げてたけどスピード感は聞いてないよ~。また拝む機会があったら次は是非近くで体験したいものです。


その他のスケーターで印象的だったのは以下。

  • ジョニーウィアーが拝める唯一のアイスショー…!フェミニンなジョニ子ちゃんのことは現役時代から気にしていて、かつてキスクラで薔薇の花冠頭に乗せてご機嫌だったのにコーチに「降ろしなさい」って怒られてたのが印象的なんだけど(笑)FaOI2プロ目(曲名不明)でスカートなびかせながらきらびやかに舞う姿観て思わず「うん…よかったね…」と呟いてしまった
  • エアリアル、初めて拝見したけど実質EndlessSHOCKのリボンフライングだった。天女のようなスケーターさんをハラハラキャーキャー言いながら見守るのも非常に楽しかった

○○オンアイス ~PIW編~

お気に入りのアイスショーを見つけるための備忘録。

公演名:PRINCE ICE WORLD
日時:2018/05/03(祝)15:30~、05/04(祝)11:00~
場所:新横浜スケートセンター
席種:S席 10,000円(パンフレット付)、
EX2 20,000円(ペンライト付) *1 *2
チケット販売会社:チケットぴあ


アイスショーは多ステしない!』と誓いを立てたのに即破ってしまいました。意志が弱い。
ただ、EX2チケを確保した状態で別アイスショーのチケを譲ってくれた女神(大感謝)とお喋りしたのですが
新横浜スケートセンターは会場狭いのですごく近く感じますよ♡EX2なんてめちゃくちゃ近いですよ♡」
と教えていただき「席も近くてふれあいタイムもあるんじゃ心臓持たないな…」と判断した結果ヒヨってちょっと遠目のS席チケを確保しお勉強してから挑もう、と考えたわけで。そう、勉強熱心なのよ私!!


そもそもEX2の購入はずっと機会を見計らっていて、昌磨くんinが発表になった30分以内にポチっとしたら購入できたので良かったです。半日後にはEX2は売り切れSSは残りわずか。もし来年以降も行くなら今回と同じように昌磨くんみたいな人気者の動き見て決めるんで良いかなぁ~…といった所感。
また、“おかわりPIW”する際にS席・A席迷ったけど、S席よりA席の方が前方なのが疑問だったのですが、A席は段差がなくスケーターの足元が見えないからなんですね。検索かけたら理由出てきて大納得だし、個人的にケチって安い席買ってストレス感じるなら奮発した方が吉かな。
そもそもEX2も最前列ではないので前の人が邪魔で演技が見えにくい場面もあったので、今回のS席+EX2席、の選択は個人的にベスト*3。購入時期を遅らせたことでパンフ付チケ買えたし大満足です。



で、正直ふれあいタイム目当てでチケットを購入したのは事実。だけど見惚れたのは群舞でした!素敵だったー!

他のアイスショーでもスケーター総出演の群舞はOPとEDで拝めるけど、限られた練習時間で個性豊かなシングル選手がバシッと振りを決めるのはなかなか難しいんですよね。でもPIWはチームを組んで練習してるので突貫工事感のない高レベルの団結力を魅せていただきました。今の時代SNSで舞台裏も覗き見ることができるけど、メリハリのある仲の良い様子が伺えてニコニコしてしまう(実際のところは知らんけど)


PIWチームのプログラムもあれば、小塚崇彦さん・安藤美姫さんはそれぞれがコラボプロを舞っていてそれもまた素晴らしく、もちろん現役選手や引退選手の新プロor既存プロも堪能できて非常に楽しかったです。



昌磨くん感想。

  • 新プロはジャズ!特にEX2は立ち位置バッチリで、出だしで振り向かれたり決めポーズで手を差し伸べられたり、キャーキャー♡言えてめっちゃ楽しかった!
  • 得意ではない方向性のプログラム(本人談)とのことで、小粋なステップや客席アピールに若干の照れがあるのもまた趣があって良し…
  • ただし後日八戸公演で披露されたEDMプロも衝撃的だと噂に聞いてるのでいつか拝めますように~
  • プログラム以外にもOP・EDで競技衣装を着てくれるのが素敵なんだけど、5/3は大好きな青トゥーランと貴重な黄トゥーランのトゥーランDayで最高に興奮しました


群舞感想。

  • 映画観てないのであれなんですけど『グレイテスト・ショーマン』の楽曲が多用されてたのかな。CMで聞いた楽曲がいくつか。
  • 衣装がとにかく充実のラインナップで、10着以上は確実に着てた!それぞれの個性に合わせて衣装もメイクも変化して目が楽しくてねぇ。それこそ『グレイテスト・ショーマン』のあの曲でコバヒロさんが主人公みのある大きなハットでキメてたのかっこよかったなー
  • 女性陣のは特に、ロイヤルブルーでデザイン違いの衣装もすごく素敵でうっとりした♡デザイン違いとかジャニヲタ好きじゃん…


その他ゲストスケーター感想。

  • 小塚たかちゃんのコラボナンバーが『伊達男がバハマで豪遊』って感じでオシャレでかっこよかったんですよ…!昌磨くんのジャズプロにあるような“小粋なステップ”、私はたかちゃんほど上手いスケーターもそうそう居ないと思っていて*4、そんなステップがふんだんに盛り込まれた大人(≒プロスケーター)の余裕溢れる滑りでした。ハットがキマってるんだよ~。
  • 安藤ミキティの『グレイテスト・ショーマン』の『This is me』も、経験値から来る自信と余裕がバーンと押し出されていて大興奮。ミキティ振付だからこその「これが私よ!」を感じさせる力強いプログラムで大好きでした。かっこよかった。
  • 本郷りかちゃんは『キルビル』来シーズンのSPとのことで、演技構成から競技プロと予想した人が本人に質問したそうです。熱心&冷静に応援するとそんなことまでわかるのね…すごい…
  • 本田先生のバレエジャンプ?(両足を高く広げてカタカナの“エ”みたいになるジャンプ)がとっても高くて現役選手超えてた
  • 町田樹先生のプログラム…いや、作品が大迫力で唯一両日スタオベですよ…立ち上がらずにはいられない高揚感をありがとう…。そもそも約8分滑り続けるのも驚異的なのに一切飽きさせないし、強いこだわりが全面に押し出されてて見応えあった。コンパルソリーから始まる、スケートの起源を感じさせる壮大な作品


ふれあいタイム感想。

  • 5/3公演で勉強した、フィナーレ直後の速やかな移動を狙ってたんだけど、通路横じゃなかったのでまごまごしてしまいました(反省)
  • 5/3公演で見た感じだと昌磨くんスタートの立ち位置に近いかなぁと緊張して待機していたのに5/4は立ち位置変更になり坂本ちゃんが真正面にスーッと現れてくれたので大パニックでお手紙渡しそびれたんですよ…(その後運営の方にお渡しできてよかった)
  • 来てくれた順番も何言ったかも全面的にうろ覚えで、なんせ“接触”が新鮮すぎてずーっとパニックになりながら、でも周囲の方のおかげで楽しいひとときになりました。事前に調べたら、同じファンなのに肘で妨害されるだの暴言吐かれるだのあるみたいでビビッてたけど、実際は「(前列の方が)ほら前行きなー!」「昌磨くん「ありがとうございます」って言ってたよ~よかったねぇ~♡」などすごくよくしていただいて…ありがとうございます!
  • そんな周りの方々はみんな昌磨くんファンだったので、昌磨くんが来てくれたとき浮き足立つ気持ちもありつつ、全員が握手できるように協力しあっていたのがアットホームでよかったです。月並みの「ジャズのプログラムめちゃくちゃかっこよかったです!」みたいな浅い感想しか話せなかったしもうなんかキモヲタでごめんな…って話ながら心折れるやつ。でもおててがもちもちしていたことは忘れないように書き記しておこう
  • 昌磨くん以外は割とトークする余裕があったんだけど、そうなると逆にミキティやりかちゃんへ伝えた感想は熱量高すぎて謝罪の域…(笑)ミキティには「This is meで客席を煽るところがかっこよくて好きです!」りかちゃんには「今シーズンはキルビルで戦うんですよね!?応援してます!」と言ったはず。たぶん

*1:エキサイティングシート2列目、の意味。誤表示でサイト上220,000円と表示されてて戦慄した(笑)

*2:氷上に板をかませて座席を作っているのでそれなりに寒いし(体感温度10度くらい?)やけに水浸しだったから布製の鞄はお勧めしません。

*3:いやいやあなた計3万払ってますよ!のツッコミは置いといて。

*4:現役中のカートブラウニングさんとこの武者修行で一皮剥けた印象がある。

まいにち、堂本剛!( #堂本剛39回目誕生祭_0410 に寄せて)

堂本剛様、39歳のお誕生日おめでとうございます!
38歳の剛さんを、頼もしかったり有り難かったり可愛らしかったりするお言葉の数々で振り返ろうと思います。

f:id:tkvan8k:20180410223225j:plain
f:id:tkvan8k:20180410223245j:plain
f:id:tkvan8k:20180410223308j:plain
f:id:tkvan8k:20180410223316j:plain

この超絶雑な素人仕事は『まいにち、修造!』のパクリ…じゃなくてオマージュ。


1『光一と友達でもないし…』

「ただ、俺が思ってる「光一これやったら面白いのにな」とか「光一こんなことやってみてもいいのにな」っていうのがいろいろあるけど、それは世間の人からすると、光一と例えば友達でもないし、時間をすごく共にしたわけでもない人やから結構賛否両論になると思うけど、時間を随分と共にしてる俺からしたら、めっちゃおもろいのにな、みたいな。」
世間とKinKi Kidsの間に一線を画するマウンティング、御馳走様です…!!

2『意味のない謎解き』

「キンキらしさは特にないっていうのがキンキらしさですかね。第三者が勝手に決めてるんですよね、僕らのことを。皆、その謎解きを一生懸命やろうとしてるけど、僕ら的には何も考えてない。」
だがしかしわかっちゃいるけどやめられない、KinKiに対する謎解き(笑)

3『迷惑をかけるだけの存在』

突発性難聴を発症した直後の、ご自身に対する発言。何故、才能があって感性が豊かで顔の良い人にこんなことを言わせる病が降りかかってしまうのか…とやりきれなかったものよ。

4『無理してでも立ちたい場所ってある』

「無茶をしたら周囲にも未来の自分にも迷惑をかけちゃうから駄目で。でも、無理してでも立ちたい場所ってあるでしょ」(意訳)
責任感の強さや負けん気の強さがよく表れた逞しい一言。

5『ある武器で戦うだけ』

「なくなって困るものはない。ある武器で戦うだけ」(意訳)
聴力が落ちる前の一言だけど、この言葉を体現して戦ってますよね剛さんは。

6『両方に翼があることで飛んでいくから』

「二人ってなると、鳥でいう羽根やったりすると、両方にやっぱり翼があることで飛んでいくから」
比翼連理、という言葉を学んだ夜でした。

7『泣き見惚れてる 大好きよ』

いやもう隣(に居られなかったけど隣に居たかった)人へのラブレターじゃん…!

8『なんで目ぇそらすん?』

「(一列目の人に話しかけながら)ねぇなんで好きな人が目の前にいるのに目そらすん?」
こんな弄られ方したら胸キュン遥かに通り越して戦慄ですけど…(笑)

9『顔は?顔も好きだよね?』

「光一が好きなの?どこが好き?…パフォーマンスね。…顔は?顔も好きだよね?パフォーマンスは外見だけって感じだもんね。」
客席一列目に絡む戦慄の剛さんシリーズ。

10『中居くんよりは上手く歌えます…w』

適度な軽口を叩ける関係性に感謝しつつ、難聴の病状を素直にお伝えしながら即座に笑いに変えることが出来る頭の回転の速さに拍手!

11『閃かないときは、なにもしない』

anan様が取り上げてくださった、KinKi二人の閃かないときの対処法。

12『光一でよかったなぁって思うときはあります』

私も、剛さんの相方が光一さんでよかったなぁって思うときいっぱいあります!(知るかよ)

13『僕らは巡り合う運命な気がする』

本人が一番のKinKi Kids運命論者という…。

14『つらいときは甘えて』

剛「光一にもたくさん迷惑かけたから、つらいときは甘えてほしい」
光一「ずっとお互い様でやってきましたから」
このやり取りのあまあまな優しい雰囲気、好きだなー…。

15『どうしても言葉が多くなってしまう…』

気付いてたんですね、自分の言葉密度の高さ…(笑)

16『ついていきます』

チョイチョイ出てくる、はんなり女将みたいな一歩下がる嫁みたいな剛さん好き♡

17『寝る前に聞きたい』
18『みんなの歌声を聴くのも治療になってる』

コンサートでのもう君大合唱にて。普段は静かに拝む私達ファンも、剛さんが、KinKiの二人が、喜んでくれるのでがんばりました!

19『心配しなくてもいいけど…治ってないから心配してくれてもいいけど(笑)』

正直我々が心配したら難聴が治るかというとそうではないわけで、それでも、ファンの気持ちも汲んで心配することへの許可をくださる慈悲深い自担様なんですよ。控えめに言ってマリアかな?

20『自分を持ってる人なら』

好みのタイプは「自分を持ってる」「人に振り回されない」「ギャップがある」「キレイ」「気取ってない」あれれ?隣の方もしかして兼ね備えて…る…???(茶番)

21『あいすくりーむめーかー…』

実は38歳の剛さんで五本の指に入るほどツボだったんですけど、7月21日ZIP!にて視聴者参加ゲームの景品がアイスクリームメーカーだと知ったときに身を乗り出してたのがめっちゃかわいかったんです。ちゅよし(5)みが。

22『ファンは俺らを研究してくる』

光一「僕達のファンはね、近づくと(硬直して直立不動)ってなるんです」剛「ジーッと見てくるんです。研究してくる。」
そして研究結果を持ち寄って意味のない謎解きをするんですよ…♡

23『自分の経験が誰かの役に立てば良い』

「耳の件も過去のパニック障害の件も、自分の経験が誰かの役に立てば良いし、後輩が同じ状況になったときにすぐにアドバイスできるよ」(意訳)
こんなにも人のことを思えるなんて…前世はお釈迦様では?(真顔)

24『繊細な自分が可哀想だけど ずっとそれが僕の人生だな』

悲しいほどに、自己分析が完璧…。

25『鹿重』『鹿仕事』

「ドラマを撮らなければ。しかし重症。略して鹿重。」「治療しなきゃ。しかし仕事。略して鹿仕事。」困難な状況も笑いに変えて伝えてくれる優しい人なんですよ剛さんは…うぅ…。

26『良いTシャツ着てるや~ん!』

顔Tシャツの奇跡は永遠に語り継がねばなるまい。後日会報で「お互いが提案したお互いへのサプライズ」みたいに言ってたけど、剛さんの動じなさはすごい。素直に生きたいのに演技してしまう、そんなリアクションだった。

27『あいつの好きな歌増やしたろ…(笑)』

KinKi Kidsのクソガキ感が爆発した、伝説のブンブブーンレコード探し回。

28『トマトぉ?』

「どちらさんですか?」「ヤマト」「トマトぉ?」「ヤマト!」
未満都市のヤマタケの時計が20年巻き戻るこのシーン、大好き。ヤマトの懐かしさを噛み締める表情と、そんなヤマトをまっすぐ受け止めるタケルの眼差し。

29『好きだな、オイラ。そういう一途なとこ』

GyaO!様の隠れCM(隠れているとは言っていない)はファンの大好物なウダウダお喋りするKinKi Kidsでしたね。GyaO!様ありがとう!これからもよろしくお願いしますね!

30『誰か着せてぇ~』

複雑な衣装ぬぎぬぎしたら着れなくなって助けを求めるちゅよし(5)の可愛らしさに、萌えの海で難破した我々。誕生日に言うのもなんだけど、ありがとう合法ショ○!

31『新種のガムみたい…』

退院直後にサプライズでロケ現場に来てくれたのも嬉しかったし、光一さんが自分の使った箸で自分の打った蕎麦食べさせるのも萌えたし、美味しい美味しい言ってなごなごキッズになってるのも感涙だったし、ゲストの打った蕎麦には「なんやろ…新種のガムみたい…」って手厳しいのも笑うし、とにかく相方ファーストな剛さん好きだな!



39歳の剛さんからは、ご機嫌な言葉がたくさん溢れますように。

○○オンアイス ~SOI編~

お気に入りのアイスショーを見つけるための備忘録。

公演名:STARS ON ICE
日時:2018/04/07(土)12:00~
場所:横浜アリーナ
席種:SS席 23,000円
チケット販売会社:チケットぴあ*1


2015年1月以来2度目の鑑賞。…鑑賞?観戦でもなきゃ観劇でもないけど鑑賞なのか?


海外スケーター多数出演、がウリかな。
今回は五輪年なので春開催になったかと思うんですけど、ついこないだまでテレビで見ていたオリンピアンが国内海外問わずわんさか登場するので「知ってる人!いっぱい!\(^o^)/」ってなります。
五輪年は例年と違って特別バージョンとして男子・女子オリンピアンの選抜メンバー演目があったので、ミーハーな人や有名選手推しだと楽しめるアイスショー入門公演な気がする。と、ミーハーで有名選手推しな私は思います。

ジャニーズのコンサートで行き慣れている横浜アリーナも、アイスショーだと雰囲気が変わって興味深かったです。正面のオブジェのところでグッズ売ってたのでオブジェ大好き芸人な私は一抹の寂しさを感じた…グッズは2階で売って正面にはオブジェ置こう…。あ、寒さ対策として一応膝掛け持参でしたけど、実質7列目でもあまり寒くなかったです。


宇野昌磨選手推し*2なのですが
・オープニング群舞
・男子選抜メンバー演目
・ソロ演目
・フィナーレ群舞
と見どころ満載で楽しかったです。なんですけど、よりによってこの回は昌磨くん絡みのハプニングが複数あったので一部ではSOI史に名を刻む公演になったとかなんとか(笑)。
まぁたしかに完璧なショーだったかと言われるとアレですけど、ショーにはハプニングが付きものってコウイチも言ってるし*3多少のハプニングこそ現場に赴く醍醐味だと思ってるので、たくさん和ませていただいてありがとうございました~♡


宇野選手感想、主にTwitterから転載。

  • オープニング群舞といい、男子選抜といい、しょうまくん出てきたときの「あらぁ~♡しょまくん~♡よく来たねぇ~♡」という会場の雰囲気がすごくてスケヲタ界の孫みが強烈だった。五輪銀メダリストの肩書きを凌駕してた。
  • 男子選抜、連なるところでハビちゃんの肩掴むのに一生懸命追いかけるしょうまくんめっちゃニコニコでかわいい。大阪では追い付けなかったと聞いたシーン(笑)。寝っ転がる振り付け、他公演ではオイショオイショとめくれたシャツをズボンにインしてたと聞いてペロすぎじゃろ…と。
  • ソロナンバーしゆあげかっこよかった~!ってツイートしたかったのに、スッ転んでズベーって腹這いになってテヘテヘしながらナチュラルにひざまずきポジションに持っていったしょうまくんかわいいしかない。つらい。
  • フィナーレ、ザギしょまペアにワックワクしてたらザギちゃん立ち位置間違えて(二人とも間違えた?)しょうまくん「あっちー!💦」って指差してたのかわいいしかない。ザギしょま始まってる。
  • 客席(特に1列目)から「foooooo~~~♡♡♡」って言われた後満更でもない顔するの見てウヘウヘニヤニヤしてしまった~きゃんわ~~~
  • 生昌磨の割と真面目な所感。胸板の厚みが印象的で「さすが…練習で胸肉離れしただけある…」って思いました。昌磨くんは鞭のようにしなる腕と指を越えた先まで広がる上半身の表現力が魅力だけど、ブレない体幹と鍛え上げた胸筋から生み出されるものなんだなと。近くで見ると細く見えるのかしらねぇ。
  • オープニングの群舞で強く感じたのがリズムの取り方の丁寧さというか後ろ乗り感。で、昌磨くんがしっくり来るタイミングが気持ち遅めなのと、群舞は周り見て踊るから振りうろ覚えだとかそもそも振り覚え悪いとか言ってたので(入りたてのジャニーズJrかよw)その結果がああなるのか…?とかね(笑)


その他出演者の感想は以下。

  • 坂本選手。ブエノスアイレスの春かな。スピン入るときの指先が優雅で、終盤のステップは力強くてとても好きだったー!
  • 刑事選手。客席へのアピールがめっちゃセクシーで最前列うらやま。四肢がダイナミックで雄々しくて、私だけでなく客席結構食い入るように見てたのだよ。
  • メドベージェワ選手。ジャンプ無しの演目はメドちゃんならでは。眼鏡っ子をキュートに演じきってた。捌けるとき自分で椅子移動させるのかわいくて笑っちゃった。
  • 織田くん。会場の隅から隅まで行っててどの席でも「近くに来た!」って感じられたんじゃないかな。織田くんは幸い華麗に滑りきれたけど、Pチャン選手と宮原選手が広告にぶつかって転けてたのは心配したわ。広告が避けろよ!(真顔)
  • 三原選手。4連続のコンビネーションジャンプ!かっこよかった!オーラスには5連続とのことでスタオベすごかったのでは。
  • オズモンド選手。赤チェックのスカートでパンキッシュな衣装かわいかった。実質アヴリルラビーン(世代)
  • 女子選抜。ザギトワ・メドベージェワ・オズモンドの三選手が並ぶだけで妖精感が。
  • ハビエル選手。長年ジャンプが得意な印象だったけど、エッジワークがすごく素敵で感動した。
  • バーチュ・モイヤー組。シングルスケーターメインで応援してるけど、テサモエとメリチャリの格好よさはアイスダンスに興味を持たせる力がある…。
  • ザギトワ選手。トラ柄衣装とアフリカンな曲、テレビで見るより癖の塊だった(笑)
  • プルシェンコさん。出てくるだけで、日本に来てくれただけで、それで良いと思える存在感は唯一無二。いや、正直プル様のスケートは一昔前と言っても過言ではないんだけど、すごいジャンプだからとかすごいステップだからとか、そういう次元じゃない(笑)ご機嫌でロシアに帰って、また日本のショーにご機嫌で参加してほしい。皇帝だから。

*1:チケットぴあ会員なら無料で登録できる『Twinkle ICE Members』よりアップグレード抽選に申し込みましたが外れました。当選すると+7,000円の差額清算で最前列のチケットと代えてもらえる。

*2:白鳥の湖出・前十字靭帯損傷落ちの高橋大輔担から担降りした、Legends出・四大陸落ちの宇野昌磨担です。って担降りブログ書く?(笑)

*3:出たよSHOCK大好き芸人。

自担が突発性難聴になって気付いた10のこと

f:id:tkvan8k:20171231200349j:plain


①剛さんは“強しさん”である

剛さんが突発性難聴を患い入院したことを知ったのはお友達の連絡でした。
テレ東音楽祭で光一さんから報告があったよ、と教えてもらった瞬間、浮かんだのは落ち込む剛さんの姿で。なんとなく、発症した事実以上にアニバーサリーイヤーの仕事に穴を開ける事実の方が剛さんが傷付くのでは、と危惧しました。案の定、後日談として実際落ち込んだと語っておられたので、思っていた通り繊細な方だと感じたと同時に、自分の“堂本剛像”の解釈に大きな解離が無さそうだと変にホッとしました。


だけど、剛さんは思っていたよりお強かった。
それこそ20年前は「「気にしすぎじゃない?」と言われると「気にしすぎか…」と気にしてお腹が痛くなる」と発言したり、ヒガシ先輩には「『SUPER DELICATE』って剛のこと?(笑)」なんて言われていたけど、今の剛さんは落ち込んで終わるような男じゃなかった。
発症前のインタビューで「無くなって困るものはない。常に持っている武器で戦うだけ」(意訳)と語っていたそのまま、左の聴力がままならぬ状態でも今のご自身の出来る最大限のパフォーマンスを日々追究されています。
その姿を見て、強い男になられましたね…と、心のなかに生きる剛お坊っちゃんのばあや・スズ*1が涙を流しながら成長を噛み締めてる…スズでございます…。


②光一さんは剛さんの光である

「がんばろうね」
夏のイベントで光一さんが剛さんに伝えた言葉です。
発症したのは剛さんですが、光一さんはその“責任”を剛さんだけに背負わせることは絶対にしません。かといって光一さんは難聴の感覚はわからないしそこを知ったかぶりすることは絶対にせず、ご自身のやり方でKinKi Kidsを守るために出来る最大限を尽くしているのが素敵です。そして、そんな光一さんの姿勢は、剛さんにとっての希望の光なのではと強く感じました。
発症して、剛さんはとにかく孤独を感じたと言っています。私は大きな病気をしたことがない超絶健康体質なので想像も難しいけど、治療やリハビリって毎日コツコツ続けても治る確証がないし、身体の痛みも心の痛みも誰にも伝わらないし、孤独との戦いなんでしょう。
そんな剛さんに向けて光一さんが送った歌は剛さんのデビュー前のソロ曲『ひとりじゃない』。そしてイベントの最後に伝えた「がんばろうね」。この言動が剛さんに対して嘘なく出来る唯一の人物が光一さんだよな…と思います。
病気になんてなりたくてなったわけじゃないからやるせない気持ちに苛まれることもたびたびあるでしょうけど、その唯一の人物の隣にまた戻るために“がんばろう”って思えたよね…私なら思っちゃうな…。


③光一さんの頼もしさ

光一さんのこういう言動、ピンチのときに表れるヒーローのような頼もしさって本当にかっこいいです。
元来の性格+座長の立場で長年カンパニーを引っ張っている環境も人格形成に大きく関わっているとは思うけど、これ、光一さんが剛さんより年下だったらこういう行動をとっていないかもしれないなぁなんて。入所以降、剛さんの“100日お兄ちゃん”という環境が光一さんをより頼もしくさせたのではないでしょうか。
一人で背負ったKinKi Kids、「脳が支障をきたす」の発言が私には結構衝撃的で、精神は感覚が狂うほどの違和感を受けながらも、表向きは(お疲れの色は見えましたが)頼もしく凛としていた光一さん、美しかったなぁ。


④剛さんのいない世界

すごく過激な言い方かもしれないけど、“生前葬”を重ねました。
きっと剛さんが亡くなったら、あいつはいいやつだったと先輩が、お世話になったと後輩が、光一さんに伝え光一さんの横に立ちKinKi Kidsの楽曲を歌うんだと。それを私は、ありがたさを感じながらどうしたって誤魔化せない虚無感を抱いて見つめるんだろうと。
剛さんのいない世界、振り返れば数週間でしたが、これから起こりうる未来の練習になってしまいました…。うん、はちゃめちゃに重たいのはわかってる…。


KinKi Kidsのプライド

「すべては必然」「すべてを意味のあることに繋げる」「美談にはしない」
二人からの、KinKi Kidsブランドへの高いプライドと自信が溢れて止まらない雰囲気は、薔薇と太陽以降日増しに感じています。
「僕たち二人が並べば、僕たち二人が携われば、それはもうKinKi Kidsなんだ」これって当たり前のようでいて難しい。目に見える二人なのに、“らしさ”って目に見えないので本人達にもスタッフにもファンにも、それぞれが抱く“らしさ”がうまく噛み合っていないと感じる時期もありました。ある意味哲学の話なんで正解がないのかもしれないけど、でも、結局KinKi Kids本人達が決めていけばスタッフもファンも付いてくるもののような気がしているし、今現在そのムード作りができている感覚があります。
2018年第一弾シングル『TopazLove』は今現在のKinKi Kidsプライドと自信の具現化なのではないかな。是非お買い求めください!1月24日発売です!メロディと歌詩が天才の仕事すぎて謎解きつらい(めっちゃ楽しい)


KinKi Kidsはポエマー量産機

同じ苗字、近畿地方に100日違いで生まれ、幾多の困難を乗り越え喜び哀しみを分かち合って生きてきた二人、ソロ活動を経て迎えた20周年盛大なアニバーサリーを迎える前にまさかの発症…。
これ、物語だったらボツになる設定盛りすぎのやつ!!
各新聞社も雑誌社も、天下の国営放送さえもポエマーにする『物語性の強さ』は、正直これを美談にするなという方が難しく、ぶっちゃけ私は全然素面で「KinKi Kidsは、神話だから( ・`д・´)」って言っちゃうから!それくらい、よくも悪くも運命に愛されてしまったふたりだと思います。


⑦“いつもの”楽曲の素晴らしさ

ひとりぼっちのKinKi Kidsが無ければ、今回のセットリストに『もう君以外愛せない』が入ることも『Anniversary』が入ることも好意的に思えなかったかもしれません。私は今までもこれからもマニアックセトリを求めているし、実際15コン・乙コンでは私は“いつものメンバー略してイツメンセトリ”にぷりぷりと腹を立てていました。
だけどいつもの楽曲をふたりで歌えない寂しさ、これを経験してしまうとダメですね。光一さんの声と剛さんの声が交互に聞こえ、そして重なる嬉しさがドバァと溢れてしまう。
いやでも、全然マニアックセトリ待ってるけどね!(めげない)


⑧私にとってのKinKi Kids

生前葬”なんて言い出すくらいのメンタルなんで、それはそれは怖くて不安でした。でした、じゃないか。今だって、これ以上の悪化なんてことになったら、と恐怖でしかない。
ずっとずっと、二人が並んで歌えますように。二人の笑顔が絶えませんように。と、喋ったこともないのにこんなに大切に思える人がいるなんて不思議だし、結局重たいわ私…って思います。


突発性難聴は誰もが起こりうる病気である

同期・同僚にも患っている人がいます。
発症は数年前ですが、どちらも未だに耳鳴りがしたり、めまいがしたり、完治までは長い道のりだとのこと…。でもこの事実、剛さんが発症してから二人に質問して教えてもらったことです。てっきり治ったとばっかり…。外から見てわかる病気じゃないから、伝わらないもどかしさを同期・同僚も感じていたかもしれない。
芸能人で病に悩まされている人がいると、影響力があるからこそ病気に選ばれたの…?なんて考えてしまいがちなのですが、今回剛さんが発症したのだから、ファンとしてある程度の知識は調べるべきだし目を向けるべきかなとも思います。


⑩自分の耳の調子

ドリフェスでは中盤から耳詰まりと自分の声の反響が止まらなくてツラくて、実はオーラスKinKiの頃には調子がすごく悪かったのです。他のジャニーズのコンサートでもたまにそういうことがあります。後に調べたら『ライブ難聴』とか呼ばれる耳の不調だそう。密閉空間の酸欠が起因かとなんとなく思ってたけど、爆音が起因だった可能性がありますね。
今回のKinKiコンはオーケストラを従えた公演ですが、とても耳に優しかったです。剛さんも、しんどいはしんどいだろうけど、従来のコンサートよりは負担が全然マシなんだろうなぁ。

剛さんが発症しなければ、自分の耳の状態なんて「まぁこんなもんだろう」とぞんざいに扱っていました。でも剛さんが発症した“意味”があるならば、私も病院に行って診てもらったり、周りに不調な方がいれば気にかけたり、そういうことをすべきだろうと。そう思います。



2017年を振り返るとこんな感じです。ありがとうございました。
2018年はとりあえず耳鼻科に行きます。チャンチャン。

*1:いつだかの王様のブランチのやつ。

KinKi KidsCDデビュー20周年記念 インタビュー掲載雑誌感想

※雑誌の世界(2017年夏前)ではまだ突発未発症なので、だからこそどうしてもそこに繋げてメソメソ話している箇所がありますがご了承ください。


2017年春夏は本当~~~にたくさん雑誌を買いました!
雑誌のお仕事あんまり得意じゃないって本人達しょっちゅう言ってるのに、買いそびれがなければ22誌もの取材を受けてくれてありがとうございました!

an・an(No.2942) 500円

閃きテーマ回に特集を組んでいただけた!しかも2017年3月というKinKi事の無い時期に!an・anさんは真夏にも別途掲載してくれて嬉しいです今度はヌード企画いかがですか?(わくわく)

写真

眼鏡姿のふたりが見開き一杯大写し。光一さんシルバーフレーム/剛さんベッコウフレーム、のセレクトがキャラクターに合っている気がします。このページにはインタビューの抜粋が書かれているのですがふたりとも「ひらめかないときは何もしない」って、同じ発言をわざわざ目立たせてくれる~優しい~an・anさん愛す~。

記事

光一さんの薔薇と太陽話。剛さんの膝が悪く踊れないのがきっかけでダンスとギターの表現につながったと。「壁に突き当たったときのほうが良いひらめきが生まれるのかもしれない」「問題が生じて、じゃあどうするか?となったときのほうが、良いエネルギーが生まれる気がします」の言葉は今読むと本当に心強くて。この夏以降、光一さんの頭はフル稼働で“新しいKinKi Kids”を模索し続けているんだと思えるし、年末年末のコンサートが楽しみでしかたない!!
剛さんのインタビューは、生まれ持った繊細さがアンテナ感度を高めて次の流行りにも気付くセンスに繋がっているんだなぁと。剛さんは無いものから作り出すチカラ、0から1を生み出すチカラに長けていると常日頃思ってるので、現在の自由のきかない耳でも新しい表現で魅せてくれると信じています。

月刊ザ・テレビジョン(8月号) 380円

写真

白シャツにメンバーカラーの渋いネクタイ、素人なら完全にリーマンスタイルなのに滲み出る芸能人感…!

記事

剛さんへのQ&A「今、なくなったら困るものは?」「考えたこともない。もし何かがなくなったとしても、だったらそれなりに対応しようと思って生きているので。」に今更ながらクルものが…うぅ…。

月刊TVnavi(8月号) 380円

写真

黒シャツ黒ネクタイ!夏なのに!唯一、小道具のフルーツスカッシュからのみ夏を感じられる…。
この時期の撮影は未満都市と平行していたのでヤマタケビジュのふたりにニヤニヤします。

記事

長瀬くんをはじめ、事務所の仲間たちからメッセージと好きなKinKi楽曲。ついついふぉ~ゆ~のメッセージ密度が高いように感じられます。
光一さんは合作について、取材時点では「今は提供いただけるものに対して自分達の色をどう出していくか」に重点を置いているからあまり合作に乗り気ではない様子?だけど「もし創作したいものが明確に見えていたらそれをやる」とも言っていて、このとき合作の話も出てはいたけど内緒にしていたのかなぁと思いました。光一さん基本的に途中経過の話したがらないし。それを踏まえると『Topaz Love』が生まれた経緯は特別なんだと一層感じられます。

月刊TVガイド(8月号) 380円

写真

普段着風のラフな格好。家でくつろぐ姿を意識したナチュラルテイストな写真がたくさん。エプロン姿もあるのに剛さんのエプロンがよく見えないよぉ。

記事

レッライ、コーラスは一応光一版も録ったけど久保田さんにお願いしたら引き受けていただけたという話・振りは一応付いているけど自由に動いている雰囲気を出したMVの話。レッライは年末には披露できるかな?披露できるくらい回復していてほしいな!と強く強~く願っていましたが、うぅむ…。でも今年パフォーマンス出来なかったらずっとお願いし続けるだけの話だからね!

月刊TVfan(8月号) 380円

写真

超絶繊細な切り絵アートを手元にあしらったKinKiはTVfanさんだったかー!ふたりの切り絵を糸状の紙で繋いでるの、KinKiの繊細さ脆さ、でもしっかりと繋がってる様子がよくあらわされていてとても良きです。

記事

未満都市の仮台本をちょっとお直しした話とか。私は20年前も熱心にドラマを見てた人間だから懐かしさに浸って見ていたけど、見ながらも思ってた以上に今回撮ったシーンが多かったというか、ただ再放送・再編集しているんじゃなくて昔見た人にも初めて見た人にも考える余地がある内容になっていてとても満足したし楽しかったなぁ。

日経エンタテインメント!(4月号) 800円

金額ちょい高のワイド版を買いました。表紙の肌触りが良い~。

写真

紺スーツの光一さんと紫スーツの剛さん、どちらもお洒落で只者ではない感めっちゃ出てるめっちゃかっこいい…!!剛さんのカールした髪の光沢(濡れ髪スタイリング?)がファビュラスで良いとこのわんわんみたい。例え下手か。

記事

今に始まった話じゃないけど、日経エンタさんはあくまでも該当グループのことを“エンタメ界”から見て評価してくれるしインタビュー内容も“エンタメ界”についてどう思うか聞いてくれるので、該当グループ・タレントがこの業界でどう生きていきたいかを伺い知ることが出来て面白いなと思います。この号は光一さんが『エンタメ界のバブル崩壊』と『音源配信の是非』について語ってるのが興味深い。後者は別の号の自身の連載でも語ってるし、20年以上働いていて感じる変化もたくさんあるんだろうな。
あと、ふたりの考えるエンタメ論は異なっているんだけど、剛さんが宮大工さんからされた話で「真っ直ぐの木とクセのある木を混ぜた方が建築物は長持ちする」にKinKiを重ね合わせたように、ふたりは異なるからこそ合うポイントもあって面白味も増すんだなと感じました。
編集後記にて、KinKiがインタビュー内容を自分でも校閲しているとこぼれ話があったのもこの回。薔薇と太陽以降、ほぼ全ての掲載誌を読んで感想をまとめていた私としては、ちゃんと本人が発した言葉を受け取れているんだと嬉しくなりました。だがしかし私はKinKiの友達でもなんでもないただのファンなので謎解きを我が物顔で綴るのは今後慎みますけど(笑)

ザ・テレビジョン(7月14日号) 350円

ドラマやバラエティ等の密着写真記事は買わないようにしてるのになぜ家にあるの?と思ったら『4号連続20周年超特集!』と銘打ってくれていたからでした。ジョンさん企画ありがとうございました!

記事

対談形式で未満都市を語ってるのが嬉しい。お互いの役柄・役作りについて、ふたりがテンポ良く話すせいでまるでひとりで一文を喋っているかのような(笑)KinKiあるあるを垣間見れて読みごたえがありました。

AERA(No.32) 410円

写真

表紙、ジャニーズあるあるの白抜き画像で「え?KinKiふたりなのに複数人分の顔が隠されてる???」と一部地域でざわついていたけど、蓋を開けたら鏡に写るKinKiすらも白抜きにされていたという(笑)後頭部もネット掲載NGなのかよ(笑)
シンプルな黒スーツ白シャツだけど剛さん髪編み込んでて美意識の高さ~♡と興奮します。

記事

テーマはものづくり。剛さんの楽曲制作は後日『関ジャム』でも言っていたけど、KinKiの歌を作るときは作家的で、ソロと同様に作ると時折不安を与える場面もあると。これまでソロをやるにあたって、自分のためというよりファンのために名前を変えて切り分けていろいろ魅せてくれていたことも、ウィアコンのソロコーナーでソロ名義楽曲の歌唱に難色を示したことも、こういう考えから来ているんだろうなと推測できますね。誰にも自分にも嘘をつかずに生きる道をいつも考えている人なんだな。

週刊朝日(7月21日号) 400円

写真

黒Tシャツで背中合わせになってるショット、なんとまぁシンプル!素材で勝負!顔が良い!

記事

ファンへのメッセージをお願いされて「えっ、困ったな」な光一さんオイオイ…(笑)週刊朝日さんは突発発覚がおそらく寄稿ギリギリのタイミングだったと思われるけど、剛さんに「“ナチュラルに柔らか”なメモリアルイヤーになることを祈りたい」と綴ってくれていて心がほっこりしました。

サンデー毎日(7月23日号) 380円

写真

フォーマルなスーツに赤青のポケットチーフをあしらっていただきました。背景真っ白で素材を活かした写真!

記事

ソロにおいてもグループにおいても「マイナスの意見をしっかり受け止めることは必要」と言い切る光一さんは強いなぁ…と遠い目をしてしまった…そう思えるということは自分と自分の仕事に責任を持って100%以上のものを提供しているからこそマイナスも受け止めてエネルギーに変えられるのだと…光一さんのインタビューは時にビジネス書にもなる…。
剛さんの「(光一への思いは)濁りなく、興味がない」はたしか番組でも取り上げられたけど本当に言い方がさぁ(笑)

TVstation(15号) 330円

写真

赤い二人掛けソファに白シャツのふたりが座ってるのはめっちゃかっこいいのに、KinKi+ソファは関ジャムの影響でニヤニヤ笑ってしまう…

記事

20年間好きなものの話、光一さんは趣味嗜好や考え方は何も変わっていないしF1はずっと好きだと。またその話?みたいな空気になるから「それじゃ何であかんねん!」とプンスコしていたけど、そう考えたら私もずっとジャニヲタだからまたその話?と思われているかもしれない…(笑)

ザ・テレビジョン(7月28日号) 350円

写真

モノクロ草木柄でなんというかボタニカルな??衣装??同じ色・同じ柄で型違いなの、コンサートではよく見るけど雑誌では新鮮に感じるな。
白い額縁にシールで装飾を施す際「上の方届かへん」とバランス無視してペタペタする光一さんのクソガキ感がひどすぎてなんだかジョンスタッフさんに謝り倒したい気分(笑)

記事

堂島さん作『Shiny』は他の人に提供しようとしていたところを光一さんが強奪したと!この話、アリーナツアー中に聞いたんだっけ?ドームだったかな?昨年から耳にしていたので文章でも読めてよかったです。
数少ない突発後の取材なので、ひとりぼっちのKinKi Kidsについても。「美談にはしたくない」「中途半端に話していいようなことじゃない」「でも、多くの支えを感じさせられる機会には、図らずもなった」と光一さんの考えが頑な且つ一貫していて、この発言からツアーサブタイトルに繋がるのは自然なことなんだろうなと。すべてのことには意味がある、というか、すべてのことに意味を持たせる、どの経験も無駄にしない、そんな心意気が感じられます。あと「KinKiに関しては、ファンの人も周りの人もみんなそれぞれのなかで偶像化していっているのもわかるし」って発言がなんとまぁアイドル様で興奮しました。
剛さんも体調良好じゃない中でインタビューを受けてくれてありがたい。剛さんはスタッフさんにも事務所のみんなにも、もちろん光一くんにも申し訳ないなって気持ちでいっぱいだろうけど、伝えたいことは光一さんと一緒で、起きてしまったことを無駄にはしないんだろうな、と思えてとても頼もしいです。

TVガイド(7月21日号) 370円

写真

おしゃれなスーツで、KinKiの20周年とテレガイ55周年をお祝い。白手袋が高級感を醸し出していて素敵。お互いの襟元を掴ませる演出にビビビときてカメラマンを確認したら小林ばくさんだった…(笑)
過去の全表紙、記事抜粋、ビジュアルの変遷、名言集と盛りだくさんな特集でした。

記事

相方のRed Lightが点滅してるときの対処法で、光一「声に出してるわけじゃないけど、なんか「しゅーしゅー」聞こえるときはあんまり調子が良くないんじゃないかな」って本当に隣に立たないとわからない、つまりファンには一生気づき得ない感覚なんでしょうね!教えてくれてありがとうございます!!
剛さんのテレガイイメージ「まーわかるんやけど、光一と目を合わせたりとか、そういう世界観の写真が多いよねー(苦笑)」はジョンインタビューの「偶像化」にも通ずるところがあるんだろうし、V6が雑誌社の方に言われた「おじさんがイチャイチャしてると売れるんでっ!」も同義なんだろうな~。

an・an(2062号) 550円

写真

割とラフな格好のショットも、ビシッとスーツのショットもあって、しかも写真掲載数も多くてうれしい!掲載数が多いのに捲っても捲ってもふたりの顔があるの、すごく二人組のメリットを感じたわ。
ラフな剛さんの格好、シャツとパンツが同じ柄だったからサロペット的なやつかと思ったらセパレートしてた。なかなかこの柄上下で着こなす人いないと思う…すごい…。

記事

テーマは音楽。剛さんは山下達郎さんとのお話で、レコーディングを一緒にやったと。これラジオかなんかで言ってたっけねぇ。ソロ現場で一緒だったようだし、剛さんのソロワークもそろそろ動き出す頃かと思うしどの楽曲でセッションしたのか教えてもらえるかしら。愛かた制作秘話として「当時は太宰治などを読んでいたので、その深い世界観が反映されていたのかも」と仰っているんですけど、うん…(その世界観私には伝わってなかったカナー 笑)
光一さんも愛かた制作秘話を話していて、Hey~以前は丁寧にメロディを歌うことを重視していたのに投げ捨てるようなラフな歌い方が求められて、それまで歌ってきた丁寧なメロディをカップリングに入れようとして制作されたとか。これを読んで、KinKiが20代前半のタイミングでいろんな色の楽曲に触れることができて良かったというか、光一さんの当時思っていたように丁寧にメロディに沿う歌ばかりだったら今のような幅はなかったかもしれないなと思いました。これもまた必然というか、必要なタイミングで新しいKinKiが生まれる楽曲を提供していただけているのだなぁ。

Songs(8月号) 690円

写真

色味の関係かな、光一さんがすごくげっそりして見える…顎とか頬の部分も。過剰装飾がなくてとてもシンプルなお写真でした。

記事

剛さんのインタビューでレイドバックとかスクエアとか出てきたりグルーブグルーブ言ってるけど何のこっちゃよくわからないのに、特に調べようとしていない自分が個人的に面白いです(笑)「作詩について言えば、僕はどうしても言葉が多くなってしまうところがあって」は純粋にそれな…って思ってます。話の長いつよしくん…(笑)

POTATO(8月号) 690円

写真

KinKi初表紙と同じシチュエーションで、23年のときを経ての表紙!!なんだか表情が柔らかくてなごみます。全体的に文字小さめ文字数多め、配色も豊かで「さすがアイドル誌…若いな、うん」といったところ(笑)
ドローンを使ったツーショ撮影がぎこちなくてかわいいです。KinKi自撮りかわいい伝説更新。

記事

ふたりして久々のアイドル誌に戸惑ってる(笑)30歳が最後の掲載だったっけ。アイドル側もファン側も正直久々の感覚ですけど。
14歳のときと同じ質問を38歳のふたりにしてるの面白いけど、光一さんのこの世からなくなってほしいもの「ブラック企業」ってwww(笑うしかない)CDデビュー号での光一→剛「ボクが守ってあげますよ」も復刻されていてうれしい。
後輩からの都市伝説の真相、好きな曲、メッセージ、目がチカチカするくらいたくさん載せてくれてありがとうございました!

BAILA(8月号) 730円

写真

顔ばかり見ていて気づかなかったけど、衣装のクセがすごい。寝転がっている写真の衣装はノーブルでお行儀良さそうで素敵です。

記事

記事のサブタイトル『結ばれた運命、二人の絆』ってキンキ担が大好物なヤツ~~。
光一さんインタビューでは憧れのF1レーサーと対峙したときを思い出して「握手してもらいたかったけど、戸惑ってしまう気持ちが勝ってしまって…」「選手の方との対談ができることになっても、そんな時間があるのであれば“ほかのことに集中なさってください”って思う。レースが終わったあとでも“お疲れでしょうから、俺なんかに費やす時間があるくらいなら、お休みになってください!”ってね」この言葉で、厚かましいストーカー紛いのファンなんて対応するわけないと思えますね…。一方で「(特別憧れのミュージシャンにもらった)サインは今も部屋に飾ってあります」と話す剛さんとのギャップがね(笑)
お互いに対するインタビューでは相変わらずの無関心・考え方が違う、というスタンスですが、光一「(レコーディングで、無意識で)勝手に寄っていって、統一感がある」剛「ライブのエンディングでは、なんかわからないんですけど“光一でよかったな~”って思うことはあります」という言葉をくれてるのでニヤける。相方に対する質問も豊作すぎて、発売当時全キンキ担がニヤけた記憶が!光一「(剛は)パルプンテみたいな人」剛「(もしKinKiじゃなくても)なんらかの力で僕らは巡り合う運命な気はするけど…」ふたり「自分が女性だったら、相方と付き合うのは絶対嫌!!」辺りが最高でした。全部同じページの話♡

ザ・テレビジョンCOLORS(vol.31) 890円

写真

ページ挟んで運命の赤い糸…じゃなくて赤いリボンを持たされるふたり~。光一さんはチュニック(?)みたいな服似合わないのにこの夏はよく着ていた気がする…なぜ…。剛さんは半ズボンにサスペンダーで少年スタイルでした。

記事

信頼がテーマのインタビューで、光一「暴言を真に受けないファンの存在は大変ありがたい。つまり“俺の言葉を信用しないであろうという点において、信頼しています”ということ!」ってすごい発言だなぁ(笑)でもたしかにあの冗談を冗談だと受け止められないファンがいることも知っているのでねぇ。
剛さんは拓郎さんとの出逢いについて「“この人じゃないとできないんだ”っていうこと(を見せてもらった)」というオリジナリティの重要性を体感してきたと。この夏のラブラブ復活で、普段から拓郎さんとは交流のあるふたりだけど改めて文章化して慕っている様子を伺い知れるのが良いなぁと思いました。

TVnavi SMILE(vol.25) 650円

写真

SUMMER SUNSETがテーマで、夕日(の写真)をバックに黒シャツでキメるKinKiかっこいい!顔がとてもかわいい!
なぜか写真の端に指紋がガッツリ付いてとれないんだけどインクの色落ちなのかな…??

記事

両者『The Red Light』のような楽曲には触れてきたのでこのタイミングでの歌唱には何の違和感もないとのことで、やっぱりスタッフからのKinKi Kidsイメージである「偶像化」「KinKiの音楽はこうだ!」という固定観念があった数年だったのかなと思わされました。

TVfanCROSS(vol.23) 650円

写真

モノトーンの衣装。光一さんの方が若干奇抜な柄ですごく珍しいです。KinKiの奇抜担当って明らかに剛さんなのに(笑)

記事

2016年末のTOKIO長瀬インタビュー「“20周年を迎えたKinKiの空気感は(他グループの自分から見て)すごくいい”」を本人達に確認する斬新な記事(笑)それに対して温度が「ふ~んそうなんや」な低温きんき(笑)
家でお酒飲まないという光一さん、王様のブランチのお買い物のコーナーで錫の御猪口買ってなかったっけ…問い質さないで壊れるから案件?

TVガイド PLUS(vol.27) 600円

写真

赤い紙を破って登場する姿、夏のpartyのうちわと似ている!かわいい!
赤い紙を使ってファンへの想いを形に…という企画では、器用に♡を作る剛さんを凝視した光一さんが紙をくしゃくしゃ丸めて完成としていて、あぁこんな光景、過去の他誌で何度も見たぞ、と。

記事

夏のイベント前の取材だったので、剛「(partyは)みんなでワイワイしながら、ただ楽しく歌ったり、話をしたりできればいいんじゃないかな」と話しているけれど、もし突発がなかったらどんなイベントになっていたんだろうと思う気持ちに嘘はつけません。SHOCKの『ライバルが失敗しないSOLITARY』『ハッピーエンドのジャパネスク』みたいなもんでね。

ザ・テレビジョンzoom!!(8月9日号) 600円

写真

特に剛さん、お肌がつやつやしていてかわいい!以前作成した3Dの“KinKi Kids”の文字を持って撮影しています。お召し物はすんごくシンプルな白シャツ。

記事

お互いが20年前と変わったところ、光一「血液型。最初Bだったんだよね、懐かしいな(笑)」は、たぶん本当はもっといろいろ思うこともあるんだろうけど光一さんは言いたくないし言う必要もないと思ってるんだろうなと。過去最大のピンチについて話すときも、湾曲解釈されないようにいつも気を遣ってる。まぁ湾曲解釈する人がいるから気を遣うのかも知れないけど。
剛「犬を飼うようになったこと。今ではベタベタに甘い飼い主になっている(笑)」は、光一さんって自他共に認めるブレない男だからあんまり大きな変化もない中で、本当に驚く事態だったんだなと思いました。そして剛さんやパン様への愛情を見るに、光一さんって愛情深い人だからこそ受け止めるのも意外と大変なのかも…?なんて。


さーKinKi掲載誌すべて感想まとめたぞ!次の雑誌もバッチこいこい!HanakoとH待ってます!(笑)